「誰もが安心して暮らすことのできる地域づくり」を目標として活動に取り組んでおります。

ホーム > 相談したい

 

無料法律相談所の開設

 市民の法律に関する相談に司法書士が対応します。なお、利用料は無料ですが、相談時間は30分までとなります。(相談は一人、年一回となります)

◆利用方法

 相談日3日前までの予約が必要となりますので、相談場所がある地域の福祉センターに空き状況をご確認の上、予約をお願いします。なお、その際に相談者のお名前や連絡先、相談内容などもお知らせください。

※予約・お問い合わせ時間 月~金曜日8:30~17:30(祝日、年末年始は除く)

※無料法律・税務相談所の日程はこちらを確認してください。

pdf 相談所日程表

 

無料税務相談所の開設

 市民の税務に関する相談に東北税理士会横手支部会員が対応します。なお、利用料は無料ですが、相談時間は30分までとなります。(予約不要)

※無料法律・税務相談所の日程はこちらを確認してください。

pdf 相談所日程表

 

自立相談支援事業(横手市くらしの相談窓口)

 経済的に困窮し生活や仕事に心配・不安を抱えている方の相談に対応し、課題の整理や解決に向けた支援を行っています。(横手市受託事業)

 

◆相談窓口

横手市くらしの相談窓口(横手市役所本庁舎1階)
電話: 0182-32-6101 FAX: 0182-33-7838
※各地域の福祉センターまたは地域局市民サービス課でも相談できます。
※窓口への来所が難しい場合は各世帯に訪問して相談をお受けします。
※相談は無料。秘密は厳守します。
pdf 横手市くらしの相談窓口のご案内

 

《相談事例》

・困りごとがあって不安だけど、どこに相談したらよいだろう。
・お金も食べ物も底をついてしまいそう。身寄りも無くどうしていいかわからない。
・重い病気になってしまった。治療や入院などこれからの生活がとても心配。
・勤めていた会社が倒産してしまい、このままではローンも払えない。
・失業して就職活動中だが家賃が心配。
・母親の介護のため仕事を辞めたが、生活を維持できるかどうかわからない。
・仕事をしたいけど、病気がちで不安がある。
・ひきこもりの息子と暮らしているが、自分も高齢で将来が不安。

 

《相談から支援までのながれ》

①まず、困っていることを何でも話してください。
・就労や家庭、心身の問題など抱えている問題を相談員が広くうかがいます。
・相談内容によっては、適切な対応ができる専門機関へつなげます。
・窓口に来られない場合には相談員が訪問することもできます。

②あなたに必要な支援が計画的に提供できるように、自立への計画を立てます。
・あなたの抱えている課題を評価、分析し、必要な支援を把握します。
・あなたの希望を尊重しながら、必要な支援が計画的に行われるように自立に向けたプラン(自立支援計画)を策定します。

③自立のために一緒に目標に取り組みましょう。
・あなたの問題を解決するために必要な関連機関と連携して支援を行います。
・各人の状況に合わせて継続して支援します。

 

 

 

《食糧支援の取り組み》

 横手市くらしの相談窓口への相談を通じて、フードバンクあきたやコープあきたとの協働により、生活に困窮されている家庭などへ食糧支援セット(お米やレトルト食品など)を提供する取り組みも行っています。

~フードドライブ事業にご協力ください~

横手市社会福祉協議会では、食糧支援の取り組みを進めるために、フードバンクあきたと連携し、ご家庭に眠っている食品などを回収する「フードドライブ事業」を行っています。
「もったいない」から「ありがとう」の食品に変える活動にぜひご協力をお願いします。

 ※詳しくはこちらをご覧ください。

pdf フードドライブ事業チラシ

 

 

たすけあい資金貸付事業

 一時的な資金が必要で、その資金の融通が他から受けることが難しい世帯に対し、福祉関係者や各種相談窓口と連携した相談支援と資金貸付を行っています。

 

◆対象となる世帯

市内に居住し、生活に必要な資金の融通を他から受けることが困難で、資金の貸付や必要な援助指導により、経済的に自立することが認められる世帯(借受人は原則世帯主)

 

◆資金の使途

進学及び就職するために必要な経費、入院・療養・介護等により必要な経費、葬祭等不時の出費に必要な経費、火災等被災により一時的に必要な経費、公的給付等の支給開始までに必要な経費、その他必要と認められる経費

 

◆貸付金限度額

5万円(ただし、本会会長が特に認める場合は10万円)

 

◆貸付金利率

無利子

 

◆償還期限

貸付金を交付した翌月から1年以内

 

◆連帯保証人

連帯保証人が必要になります。なお、連帯保証人は、原則として市内に居住し、保証能力を有する65歳未満の方、かつ借受世帯の生活の安定に協力的な方とします。

 

《申請時のながれ》

①面談による生活状況及び資金使途の確認など
②申請書(※1)及び関係書類(※2)を提出
③貸付の可否を決定(決定した場合のみ④~)
④借用書と申請者及び連帯保証人の印鑑証明書を提出
⑤資金の交付(指定口座への送金)

※1…申請書は最寄りの福祉センターにありますが、面談結果に応じてお渡しいたします。
※2…生活状況や償還能力等がわかるもの(世帯の収入支出がわかるもの)、資金の使途がわかるもの(請求書、領収書等)など、貸付審査に必要な書類を提出していただきます。

 

生活福祉資金貸付事務事業

 低所得世帯等に対し、福祉関係者や各種相談窓口と連携した相談支援と資金貸付を行っています。(秋田県社会福祉協議会受託事業)

◆対象となる世帯

低所得世帯、障がい者世帯、高齢者世帯

 

◆資金の種類

・総合支援資金/生活支援費、住宅入居費、一時生活再建費
・福祉資金/福祉費、緊急小口資金
・教育支援資金/教育支援費、就学支度費
・不動産担保型生活資金/不動産担保型生活資金、要保護世帯向け不動産担保型生活資金

 

◆貸付金限度額

資金の種類により異なります。

 

◆貸付金利率

利子の有無及び利率については、連帯保証人の有無や資金の種類により異なります。

 

◆償還期限

資金の種類により異なります。

 

◆連帯保証人

原則連帯保証人が必要になります。ただし、資金の種類によって、また利子がつくことにより、連帯保証人を立てなくても資金を借り受けることがきます。

 

《貸付までのながれ》

①社会福祉協議会への相談
②面談による生活状況及び資金使途の確認など
③申請書(※1)及び関係書類(※2)を提出
④貸付の可否を決定しその結果を通知(貸付が決定したら⑤~)
⑤借用書を提出
⑥資金の交付(指定口座への送金)

※1…申請書は最寄りの福祉センターにありますが、面談結果に応じてお渡しいたします。
※2…資金の種類により提出書類は異なります。

 

※生活福祉資金の詳細についてはこちらをご覧ください。

pdf 生活福祉資金のご案内

 

車いす貸出事業

 一時的に車いすが必要で、他から借りることが難しい世帯に対し、車いすを無償で貸出しています。また、地域や学校等で行う講座や学習会、イベントなどにも貸出します。

※最寄りの福祉センターに在庫を確認の上、所定の借用書を提出していただきます。

 

在宅介護支援センター事業

 介護が必要な世帯などを対象に、在宅介護に関する相談の対応や必要な介護等のサービスが受けられるよう支援を行います。(横手市受託事業)

◆主な支援内容

 介護や保健・福祉サービスに関する情報提供、在宅介護に関する指導及び助言、公的サービスの申請手続きの代行など

 

~在宅介護に関する相談は在宅介護支援センターへ~

 社会福祉協議会では、次の5つの地域に在宅介護支援センターを置き、介護に関する相談に対応しています。(その他の地域では、別の社会福祉法人が相談に対応しています)

 

地域 担当 電話
横 手 横手福祉センター 0182-33-8668
平 鹿 平鹿福祉センター 0182-24-3283
雄物川 雄物川福祉センター 0182-56-2072
十文字 十文字福祉センター 0182-42-5858
山 内 山内福祉センター 0182-53-3009

 

日常生活自立支援事業

 判断能力に不安を抱えている高齢者や障がいのある方が、住み慣れた地域で安心して暮らせるよう福祉サービスの利用援助や金銭管理等を行っています。(秋田県社会福祉協議会受託事業)

◆対象となる方

判断能力に不安を抱えている高齢者や知的障がい者、精神障がい者

 

◆支援内容

・福祉サービスの利用援助

福祉サービスに関する情報提供や利用手続きのお手伝い

・日常的金銭管理サービス

日常生活に必要なお金の出し入れや公共料金等の支払いのお手伝い

・書類等の預かりサービス

預金通帳や印鑑、証書などの書類等のお預かり

     

 

◆利用料

 1回あたり1,500円(基本的には月1回、2時間以内のサービス提供)

※生活保護世帯の場合は無料

 

《サービス開始までのながれ》

①社会福祉協議会への相談
②専門員が訪問し面談による生活状況や困りごとの確認など
③ご本人に確認しながら専門員が申請書類や支援計画を作成
④ご本人と社会福祉協議会との契約の締結
⑤各地域に配置されている生活支援員によるサービス提供

 

※日常生活自立支援事業の詳細についてはこちらをご覧ください。

pdf 日常生活自立支援事業パンフレット(秋田県社会福祉協議会作成)

 

社協の取り組み

 

社協から皆様へ

↑ PAGE TOP