「誰もが安心して暮らすことのできる地域づくり」を目標として活動に取り組んでおります。

ホーム > こどものために

 

福祉教育活動推進校支援事業

 福祉教育活動推進校を指定し、福祉・ボランティア、地域貢献・交流などに関する活動支援を通じて、児童生徒の福祉や地域への関心を高め、地域福祉の担い手として“ふくしの心”の醸成を図っています。

 

◆対象となる学校

横手市内にある小・中学校及び高等学校で福祉教育活動に取り組む学校

◆支援内容

助成金の交付(上限40,000円)、学校が行う福祉教育活動の推進に必要な支援(体験学習・研修会への支援、各種資料・情報・活動場所の提供など)

◆指定期間

4月1日から翌年3月31日までの1年間

※翌年度以降も申請により継続が可能です。

pdf 平成29年度推進校一覧

 

ふれあいの手紙事業

 児童とお一人暮らし高齢者との手紙やはがきによる世代間交流を通じて、児童の“ふくしの心”の醸成と高齢者の生きがいづくりを推進しています。

◆対象となる児童・高齢者

市内の小学校児童、お一人暮らしの高齢者

※地域によって対象学年や年齢に違いがあります。

 

 

ふくし探検隊

夏休み期間中、福祉・介護の現場などでの学習を通して、子どもたちの福祉に対する理解と関心を高めながら、地域福祉の担い手の育成を図ります。

◆対象となる方

市内の小学校児童及び保護者

◆主な内容

 高齢者施設での体験やご利用者との交流、東日本大震災被災地での災害に関する学習や見学など

 

 

福祉標語作品

◆福祉標語作品(平成20~28年度に募集)

過去に市内小・中学校の児童生徒から募集した福祉標語優秀作品をご紹介します。

 

《過去の入選作品・入選者はこちら》

pdf 平成28年度 入選作品・入選者

pdf 平成27年度 入選作品・入選者

pdf 平成26年度 入選作品・入選者

pdf 平成25年度 入選作品・入選者

pdf 平成24年度 入選作品・入選者

pdf 平成23年度 入選作品・入選者

pdf 平成22年度 入選作品・入選者

pdf 平成21年度 入選作品・入選者

pdf 平成20年度 入選作品・入選者

 

社協の取り組み

 

社協から皆様へ

↑ PAGE TOP